3月、紫外線が強い季節になりました。

日焼けは目から・・ということで今年も30代ママにおすすめのサングラス紹介します。



スポンサーリンク

日焼けは目から

sunglass2016002

いくら日焼け止めを塗っていても、目からの紫外線をカットしなければ、肌は黒くなってしまいます。

それは、目から紫外線が入ると、

目の細胞にダメージ→ダメ―ジに反応した脳がメラニンを作れと指令→メラニンを分泌→肌が黒くなる

という動きが発生するため。

 

サングラスをかけることは、緑内障予防にもなり、遅くとも40代には日常的にサングラスは掛けた方がいいそうですが、紫外線のためにも普段からかける習慣をつけた方がよさそうですね。

 

ウルティム素材のサングラスはめちゃくちゃ軽い!

sunglass2016004

今回ベルメゾンさんで、見せてもらった人気の軽量サングラスがこちら。ウルティム素材でできています。

最近、メガネはやっぱり軽い方がいいな~と思ったのは、こどもの花粉カットメガネを買ったときのこと。どうしても花粉がつらいから『花粉カット』のメガネを買って~とせがまれて買ったんですね。

ところが、“重い、疲れる”といってせっかく買ったのにかけようとしません。

どのぐらい重いのか測ってみたら、普通のメガネが16gなのに対して、花粉カットは22g たった6gですよ~。そんなぐらいで大げさ~

と思ったのですが、現実に本当に重くて、ずっとつけていると頭がいたくなるみたい。

結局、外用と室内用と使い分けて、家にいるときには、普通のメガネをかけることに落ち着いたのですが・・。

 

sunglass2016007

これ、軽いですよ!と教えてもらった“ウルティム素材の軽量メラニンサングラス”をかけてみたところ、私のめがね人生で最軽量!

めちゃくちゃ軽い!まるでなにもかけてないかのような感覚です。

耳に重さがかからないから耳が痛くなりません。

また軽いので鼻あての跡がつきにくい。

つるもめちゃくちゃ軽くてきゃしゃです。

 

20130424grass

しかもウルティム素材は、弾力性があり丈夫。曲げても形状記憶でちゃんともどり、顔にフィットします。

つるの先の曲がり具合や鼻パッドの当たりを自分で調節できて、ネットで買っても安心です。鼻パッドはファンデーションがつきにくい用にもなっています。

 

小顔効果をねらうならウェリントン

bell-201403060

上の写真は過去のものなので、色サイズなどは現在販売しているものとは違います。オーバル、ウェリントンという形がどんな感じなのか参考にだけしてください。

オーバルはたまご型の丸みをおびた日本人に似合うかたち。顔がやさしく見える印象があります。

一方、ウェリントンはやや表面が広く、しっかりと目を覆うので、自転車で風をうける人、小顔効果をねらいたい、今年らしいデザインがいいという人はウェリントンがおすすめ。

 

紫外線カット率は99%以上

sunglass2016005

ウルティム素材のメラニンレンズサングラスには、レンズにメラニンが練り込まれていて、紫外線から目を守ってくれます。

しっかり紫外線カットしてくれるのに、レンズの色が薄く、いかにもなサングラスにならないので、サングラス初心者の人にもおすすめ。

 

 

紫外線もカットしてくれますが、パソコンやスマホからのブルーライトもカットしてくれますよ。ブルーライトカット率は39%でスマホやパソコンをしょっちゅうしてくれる人にはこれ一つで目の疲れも軽減してくれます。

サングラスをもっていても、着け心地が悪いと結局宝の持ち腐れになってしまいます。はじめてのサングラスなら軽くて着け心地がいいウルティム素材のメラニンレンズサングラスがいいと思いますよ。

 

購入はこちらから
ウルティム素材の軽量メラニンレンズサングラス
icon


スポンサーリンク