ナールスピュアを使ってみて3週間ほどたちました。

nahlsP1000413

アンチエイジングに効果的というナールスピュアですが、私の肌には本当に合っていたようです。

昨日、ナールスピュア 発売記念イベント『“未来の肌をつくる”最先端エイジングケアセミナー』というものに行ってきましたので、ナールスピュアについてさらに詳しく紹介したいと思います。



スポンサーリンク

美肌とコラーゲンの話

nahlsP1000414

ナールスゲン開発者の一人、大阪市立大学名誉教授 湯浅 勲 先生の話を聞くことができました。湯浅先生は、もともとアンチエイジングに効果的なコラーゲンの研究をされていたのではなく、肝炎、肝臓がんなどに現れる悪いコラーゲンのメカニズムを研究してきた方。

病気の進行を早い時期にくいとめたいとコラーゲンのメカニズムを研究されていました。

 

そもそもコラーゲンって何?とおもいますが、コラーゲンとは、真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一つです。

美肌に欠かせない成分としてコラーゲンが有名ですが、これは、皮膚の奥で、コラーゲンが線維組織として、編み目状にハリめぐり、肌の弾力を保つためにクッションの役割を果たしているからです。

このコラーゲンは真皮の下にある線維芽細胞というところで作られてますが、40代以降になるとコラーゲンをつくるのに必要なホルモンの分泌がへり、たくさん作れなくなります。

真皮のコラーゲンの生産量が減ると、表皮を支える力が弱くなり、肌全体の弾力やハリがうしなわれ、ほうれいせんのような深いしわや、顔全体のたるみなどを引き起こすことになります。

また、紫外線や糖化の影響で、コラーゲンが変性し、シワやたるみの原因となることもあります。

 

なので、美しいお肌を保つにはコラーゲンが必要だということです。

 

コラーゲンを作るのに効果的ナールスゲン

ビタミンC誘導体、レチノール、ナールスゲンなどの成分を配合した化粧品を使うことでコラーゲンを増やすことができます。

正直、湯浅先生のお話は難しく理解できたのは半分ぐらいだったけれど・・・

ナールスゲンはビタミンCよりもコラーゲンを作るチカラがあり、さらにビタミンCとナールスゲンを合わせて使うと相乗効果が高いということ、大量の紫外線を浴びると、直接的またはH2O2など活性酸素を介して間接的に遺伝子に傷をつけることがありますが、ナールスゲンを投入すると活性酸素の発生を抑えることができることなどナールスゲンの有効性を実験結果とともにお話してくださりました。

癌や脳梗塞など、病気のほとんどが活性酸素によってひきおこされるので、この活性酸素をおさえることが健康にもつながるそうです。

ナールスゲンとは話がそれますが、お酒を飲みすぎても活性酸素が多く発生するそうです。

ねずみの実験で、活性酸素を抑えるには、玉造黒門越瓜をたべさせると効果的だということがわかったそうで、食べすぎたり、飲みすぎたり、食べ方が悪かったり(過食、偏食)すると病気になりますが、食品のもつ機能をいかして食べると、健康増進につながるものがあるそうで、他にも、マテ茶、緑茶、セサミノールなどは活性酸素を抑える効果があるそうですよ。

玉造黒門越瓜は大変魅力的で、ぜひ食べてみたいですが、どこで手に入るのかわからないけど、マテ茶や緑茶なら毎日でも飲めそうですね。

コスメでアンチエイジングもいいですが、食べ物で健康に・・というところは本当に共感できて、なかなかよかったです。

 

私は、化粧品メーカーの話と皮膚科の先生の話に食い違いが起こってとまどうことがありますが、このナールスピュアという商品は、いろんな実験を行って、科学的に根拠があるところが安心できるポイントです。

話をもとに戻すと・・・

ナールスゲンというのはつまり

  • コラーゲンの産生を増やす
  • エラスチン(コラーゲンの線維を支える役割を持つ線維)の産生を増やす
  • コラーゲンの成熟を助けるHSP47を助ける
  • ビタミンCとの相乗効果がある
  • 角下細胞の遊走・増殖を促進させる
  • 紫外線による活性酸素のはたらきをおさえ、細胞を保護する

というはたらきがあり、これを人の顔につけると・・・・

  • 肌弾力を向上させる
  • 角質水分含量をふやす
  • シワ改善効果がある

ということで、肌のハリツヤを増し、たるみを改善する効果を期待できるそうです。

 

実際、ナールスピュアを3週間つけてみて実感したこと

このナールスゲンが入った“ナールスピュア”を使って約3週間がたちました。

nahlsCIMG0038

使い方は化粧水の前のプレ化粧水といった感じで、洗顔後すぐに顔につけます。一度にこんなちょっとしかつけてないので、一番上の写真のとおり、3週間つかってもまだまだあります。

私は、毎朝、毎晩、洗顔後と入浴後の2回、少量を付けているだけですが、昨日、お友達のきのみいさんに、“肌の調子がよさそうね~、お肌つやつや♪この前会ったときと全然ちがう”と言われました♪

私の肌の悩みといえば、脂っぽいこと、毛穴が開いていること、肌荒れしやすくニキビ、吹き出物ができやすいこと。皮膚科の先生から言われたことは、肌が脂っぽいから紫外線を浴びると、表面が固くなる、固くなるとニキビができやすくなる・・という悪循環で、ニキビができにくい肌に肌を柔らかくしたほうがいいですよと言われたことがあります。

病院でピーリングしますか?とまで言われたんだけど、その時は、皮膚科でだされたお薬を飲んだら飛躍的によくなって、その必要もないって言われましたんだけど、その後、やっぱり固くなる、そして肌荒れを起こすという状態が続いていました。

そんな私の固いお肌によくあったのが、ナールスピュア。肌をやわらかくしてくれましたが、きのみいさんの悩みは、皮膚が薄く、頬がこけやすく、乾燥肌。ほっぺやわやわ~♪って言ってます(笑)

脂っぽくても、乾燥肌でもほっぺやわやわになるみたい♪

詳しくはこちらをみてね⇒きのみいさんがナールスピュアを使った感想

 

ナールスピュアは長く継続して使うことでより効果的に・・という実験結果がでているのですが、私の場合、つけてすぐから肌が柔らかくなっていくのを実感しました。

肌が柔らかくなる→化粧水が浸透しやすくなる→保湿力もアップ→肌がつやつやに

なったと思います。たぶん。コラーゲンが増えたのかな?

自分に合うものになかなか出会えなくて、現状維持ならよし、ちょっと効果的なら花丸という私ですが、これは本当につけてちがった!コスメです。出会えてよかった♪

モニター結果では使用後1週間で66.7%の人が、使用後1か月で79.9%の人が変化を感じたといっていて、変化を感じた部分は、①ほうれい線②目の下③目じりの順になっています。

私の場合、肌の弾力性が戻ったといったところでしょうか。肌がやわらかくなって、毛穴が小さくなった気がします。化粧のりもかなりよくなりましたよ。

 

ぜひためしてみてくださいね。

 

【関連記事】

科学的にアンチエイジングに根拠がある成分が入ってる“ナールスピュア

皮膚科医に教えてもらう 秋にそなえて、いま、気をつけたいスキンケア


スポンサーリンク