紫外線対策をしても日焼けしてお肌がヒリヒリ、火照ってしまったという人におすすめの手作り化粧水を2種類紹介します

 

夏にさっぱりシャバシャバ系の手作り化粧水

最近、カネボウの美白コスメに入っている「医薬部外品有効成分“ロドデノール” 配合製品」が「白斑様症状」がでるということで自主回収されていますが、やっぱり成分はよくみて、できれば化学物質無添加のものを使いたいなと改めて思いました。

untianP1180654

アンティアンの手作り化粧水は化学物質無添加。植物成分と精製水だけでできています。

テクスチャーはほとんど水と同じのシャバシャバ系。
ボトルから手にとって顔につけるだけでたらたらと流れてしまうほどのシャバシャバです。

私はもったいないので、腕にながれた化粧水を手全体につけていますが、手もしっとりしていいみたい。

無添加なので、この季節は冷蔵庫保管にしていていますが、お風呂上りにキンキンに冷えた化粧水を顔に着けるのは気持ちいい~。つけるとキューと顔がひきしまります。

シャバシャバなので、超さっぱり化粧水なのかと思ったら、保湿効果のあるグリセリンがはいっていて、じわじわと潤ってきます。

夏にはおすすめの化粧水です。

スプレーボトルにいれてふきかけて使うのもおすすめです。



スポンサーリンク

ローズマリーとラベンダーの違いは?

untianP1180659

アンティアンの手作り化粧水にはローズマリーとラベンダーがありますが、どちらも小さいサイズでお試しサイズがあるので、ご自身の肌で試してみてほしいのですが、私の感想としては、夏べたつきがちなお肌にはローズマリーの方がおすすめです。

中世のころからヨーロッパの人々のスキンケア、ヘアケアの定番だったローズマリーはハンガリー王妃エリザベートが愛用していた化粧水として有名で、“ハンガリー王妃の水”と言われていました。

70歳を超えていたエリザベートの肌があまりに美しく、ひとめぼれしたポーランド国王からすぐにプロポーズをうけたというほどだったそう。

ローズマリーの効能は集中力、記憶力を高める他、抗菌作用や酸化防止作用があります。

ローズマリー化粧水には、

  • しわ(ハリ)
  • にきび(殺菌力)
  • 日焼けで火照ったお肌

などに効果があるようです。

にきびには、刺激の強い化粧水などもありますが、刺激の強いコスメはリバウンドもはげしくて、まして肌の弱い人にはおすすめできませんが、これは本当に敏感肌の私でも安心してつけることができて、じっくりきいてくるという感じなので、お肌に敏感なこどものニキビにも使えそうです。

 

一方、ラベンダー化粧水はプロバンス産の無農薬、有機栽培でそだてられたラベンダーのエッセンシャルオイルが入っています。

しっとりつるつるうるおい、アンティアンのリピート率はno.1の人気商品です。ニキビには、ローズマリーのほうがいいと思いますが、乾燥肌やアトピーの人にはラベンダーのほうがしっとりうるおいます。

あとは、香りの好み。ラベンダーはなじみがある人も多いと思いますが、ローズマリーはザ・ハーブというような強いハーブのにおいがします。

苦手な人には苦手かも。アロマ好きの私にはローズマリーの香りがたまりません。

 

アンティアンの無添加手作り化粧水はアンティアンの手作り石鹸と非常に相性がいいです。石鹸で顔を洗って、化粧水をつけたら乳液などいらないぐらい。

無添加手作り化粧水って他のお店にもいろいろ売っていますが、アンティアンの手作り化粧水はお値段が安い!お試しセットも1回限りのものではなく1週間以上は使えるボトルに入っています。

お試しセットで気に入れば、まとめ買いがお得なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

アンティアンは全商品1000円以上で送料無料キャンペーン中です(7月29日まで)

アンティアンの手作り化粧水はこちら

 


スポンサーリンク