皮膚科の専門医がつくった高濃度ビタミンコスメ、“ドクターケイ”のケイカクテルVスキンケアベース(日焼け止め化粧下地)を使ってみました。

dr-k003

ドクターケイのコスメはビタミンC、植物エキスやペプチドなどが入っていますがその中でもビタミンCに特化していて、それぞれのアイテムにビタミンCを独自に配合したカクテルビタミンが入っています。

日焼け止め下地は、ホイップタイプの軽やかさつけてないかのような付け心地さらさら

つけると陶器のようにつるんとして、紫外線対策しながら皮脂バランスもたもってお肌をきれいにみせてくれます。



スポンサーリンク

ビタミンCがたっぷりはいってニキビ肌にもいい日焼け止め下地

dr-k022

カクテルビタミンがたっぷり配合された下地で、1日中ビタミンマスクをつけているような美肌感。ビタミンCには、

  • メラニンを作らせない
  • 皮脂分泌を抑える
  • 細胞の代謝を活発にする
  • 活性酸素を除去する
  • コラーゲンの合成を促進する
  • 角質層のバリア機能を高める

などの効果があります。

私はオイリー肌ですが、日焼け止めクリームを顔につけるとよけいにべたべたになってしまい、化粧崩れしやすくなってしまいますが、ケイカクテルVスキンケアベースには、ビタミン美容液のようなカクテルビタミンが凝縮され、一日中、毛穴をキュッとひきしめ、皮脂をおさえてくれるので、お肌がさらさらに。

オイリー肌の人がお肌さらさら快適にすごせるUV下地です。

もちろん紫外線対策としてもSPF30/PA+++の効果があり、紫外線はしっかりふせいでくれますし、紫外線がひきおこす肌ダメージを保護すりょうなテンキンカ果実エキスやカクテルビタミンも配合されています。

 

ケイカクテルVスキンケアベースの使い方

dr-k019

まるでホイップクリームのような、こんなの見たことないっていうようなクリームです。

dr-k015

ふわっと軽く、薄づきでスーと伸びます。

dr-k016

いっぺんに大量つけてのきれいによく伸びますが、少しずつ丁寧につけたほうが肌と下地がくっついてよりきれいに。

お肌のデコボコもカバーしてくれるので、毛穴など気になる部分には、指先でチョンチョンと重ねづけしましょう。

 

赤みはカバーできる?

dr-k013

私はもともとニキビがあり、日にあたるとニキビ跡が赤くなるのですが、このクリームだけでは赤みはカバーしきれません

クリーム自体はチューブからだすと白ですが、クリームをのばすと透明なので、そのままだと素肌の色そのものです。

BBクリームのように肌の色の補整はできません。

しかし、この上にパウダーファンデーションを重ねると面白いぐらいきれいなお肌に仕上がります。

目の周りが白くて逆パンダの色ムラのある私のお肌ですが、色ムラも赤みもデコボコ、毛穴もファンデーションをかさねると下の皮膚のトラブルはなかったことにしてくれる不思議な下地で、なめらかで透明感のある仕上がりに。

ふわっと軽いエアリーなテクスチャーで、陶器のように仕上がるので、自分の肌じゃないような。。。

毛穴、ニキビ、てかり、色ムラなどの肌トラブルで自分の肌に自信がないって人はぜひ一度だまされたと思ってつかってみてください。

 

ただし、成分にはちょっときになるポリマーやシリコンなども入っています。

私は肌トラブルもあるので、なるべくナチュラル処方で・・・と考えているのですが、このきれいさに、ここぞというお出かけの日に使っています。

ふだんはお肌に負担をかけないものを、お出かけの日はこちらをと使い分けをしたいと思っています。

一日中お肌がさらさらでてからないので、日焼けもしにくく、ニキビもできやすく、結果的に肌トラブルも解決しそうです。

 

 

ケイカクテルVスキンケアベースを使ってみた口コミ・感想

dr-k002

皮膚科専門医が開発した日焼け止め下地ということで、気になって使ってみましたが、かなりいいと思います。お肌に必要なビタミンを中心に配合したスキンケアで、これ1つで

毛穴ケア ・ 美白ブライトニング ・メイク下地 ・ 日焼け止め

ができます。

日焼けをしたくなければ紫外線対策+美白ケアを平行でやるといいといいますが、これ一つでできるうえ、ニキビ、毛穴の肌トラブルも同時に解決できるなかなかのアイテムでした。

お肌がテカる、さらさらにしたい、ニキビができやすいという人はぜひつかってみてくださいね

 

購入はこちらから



 


スポンサーリンク