夏のレジャーに大活躍のテント。

こちらのテントは、女性ひとりでもぱっと開いてすぐ使えて、さらに、キャリーバックに簡単収納でき便利!

 



スポンサーリンク

我が家にもテントはありますが、あってもなかなか使わないのがテントです。

というのも、組み立てるのがめんどう、片付けるのが面倒。

海にいくならパラソルを買った方がいいかも・・そう思っていましたが、これさえあれば、海、プール、運動会、こどものサッカーの応援、おうちでテントごっこなどなどいろんな遊びに役立ちます。

広げるのが簡単・しまうのも簡単なテント

bell-201403088

我が家にあるテントは、布を広げ、そこに支えとなる芯をさして・・と組み立てないといけませんが、こちらの超最強ポップアップテントは、前に投げるだけ

 

bell-201403089

いきなりテントの出来上がり。

海でテントを広げようなんて思ったら砂浜が暑くって、組み立てる前に疲れ切ってしまいますが、これならママ一人でも楽々ですね。

 

bell-201403093

テントはコンパクトな付属のキャリーバックに入れて収納できます。たたむのも簡単で、持ち運びもラクラク

 

底は水が浸透しにくいアルミコーティング 汚れもつきにくい

bell-201403094

テントの生地は撥水、防水生地で急な雨にも安心。

このごろ、海に行ってもプールに行っても雨に突然降られる・・という事態によくめぐりあいます。

生地だけじゃなく、テントの底は、水分が浸透しにくいアルミコーティングになっています。テントの底は汚れやすく、底が薄いと砂の熱、草のちくちくももろに受けて不快です。

そのため、我が家のテントでは、キャンプ用のアルミマットを別に敷いているのですが、それがまためんどくさくって・・。最初から加工されていると楽ですよね。

テントの底は、汚れにくく、アルミコーティングで草のちくちくも感じにくいようになっています。

 

テントの天上につるせるようになってる

 

bell-201403141

テントの天井からはヒモがでていて、夜にはランプが、昼には虫除けグッズなどが吊るせるようになっています。

 

bell-201403138

背面はメッシュになっていて、風が抜けるので涼しい

風が抜けるのは結構重要ポイントで、涼しいだけじゃないんです。

海のそばでは、風が強く、このようにメッシュがはいってない、風がぬけないテントは、強風になると ばさばさはばたいて、倒れそうになります。

風は抜けないと押されるばっかりで、海からみたらテントが屈伸していたことがありました。。危険です。

 

bell-201403406

紫外線カット率99%で、遮熱性にすぐれているので、木陰にいるような涼しさ。

収納ケースはクッション材がはいっていて、座布団替わりにもなります。

 

コンパクトなおでかけサイズ、大人がゴロンと寝転がれる家族サイズの2サイズありますが、上の写真のテントがコンパクトサイズです。

コンパクトでも十分広くて、しかも色使いがかわいい。色展開は5カラーから選べて、他ではみたことないぐらいかわいい♪

 

これいいね!

 

2016年バージョンではポップアップテントの色柄の種類も増え、さらにminilabo柄のものまでありますよ。

campgoods20169

ミニラボポップアップテント(夏の草原)

購入はこちらから⇒ポップアップテント【ベルメゾン】
icon


スポンサーリンク